「やっぱりまだまだありますね」

 世界ナンバーワンに君臨するノバク・ジョコビッチとの戦いを終えたばかりの錦織圭は『王者との距離』について、いつになく落胆した表情を浮かべながら力のない声で語った。

 錦織(ATPランキング7位、1月18日付け、以下同)は、オーストラリアンオープン(全豪)準々決勝で、第1シードのジョコビッチ(1位)に3−6、2−6、4−6で敗れ、自身初の全豪ベスト4進出はならなかった。

「ノバクと戦うのはたしかに容易なことではありません。彼はここ数年キャリアベストのテニスをしていますからね。圭に失うものはありません」

 ダンテ・ボッティーニコーチはそう語っていたが、錦織の出だしは良かった。錦織はカウンター気味のバックハンドストロークを起点にして、ジョコビッチを揺さぶった。

 一方、ジョコビッチは「最初の数ゲーム、圭はとても速かった。ボールを早く捕らえて、両コーナーからとてもアグレッシブだった」と語るものの、そのプレーは想定内であり、慌てることなく集中しながら対応し、錦織に1つでも多くのショットを打たせようとした。

 第1セットは両者いいスタートを切り、第5ゲームまでは、お互いクオリティーの高い緊迫したサービスキープが続いたが、第6ゲームで、錦織が40−0から逆転されて、最初のサービスブレークを許すと、試合の流れはジョコビッチに傾いた。

「やはり守って勝てる相手ではないので」と錦織は、果敢に攻めるが、先にミスをしてしまったり、あるいはいいショットを深く入れても、ジョコビッチに切り返されて、ウィナーを奪われたりした。

 ツーセットダウンになった錦織は、メディカルタイムを取って、左太ももにテーピングをしてもらったが、4回戦から少し痛みがあったという。

 第3セットに入ると、第5ゲームまでにお互い2回ずつのサービスブレークがあった。

「ブレークはしていたけど、もどかしい感じでした。彼を相手に連続してゲームを取るのは難しい」

 錦織がそう語ったように、先にブレークしても直後の自分のサービスをキープできず、焦りが募るばかりだった。錦織は自分のテニスの感覚をつかみつつあったが、ジョコビッチもさらに集中力を上げてプレーしてきたため、錦織にしてはめずらしくプレーが単調になってしまった。結局、第7ゲームを錦織が40−15からブレークされて万事休した。

 安定感を重視したジョコビッチは、各セットともミスを9本に抑えた一方で、「ミスが多すぎた」と振り返った錦織は、試合を通して54本ものミスを犯し、自分の不甲斐なさを嘆いた。

「いいテニスはできているので、あんまり落ち込みたくはないですけど、一番強い選手とはいえ、やっぱりもうちょっと何かできただろう。自分の力を全部は出せていなかったと思うので、やっぱり悔しいは悔しいです」

 そして、錦織は王者ジョコビッチに追いつくのに、まだまだ世界の頂点との距離を痛感せずにはいられなかった。

「今日の試合を見ると、やっぱりまだまだありますね。集中した時の彼は攻めるのもできるし、守りがすごく固いので、やっぱり一番崩すのが大変な選手。弱点がなかなかない分、どこを攻めたらいいのか、試合の中で迷う時もあります。大事なポイントや大事なゲームをなかなか簡単に取らせてはくれないので、まだまだ差はあるように感じます」

「ノバクを倒せると認識しなければならない」とマイケル・チャンコーチは語るが、錦織のメンタル面の改善だけでなく、グランドスラムの2週間を戦い切るためのフィジカル面も向上させなければならず、課題は多い。だが、チャンコーチは錦織に「焦りは禁物である」と諭(さと)そうとしている。

「1試合ずつ戦っていくだけです。あまり先を見過ぎないようにしています。大会ごとの週に少しずつ準備していくことです。それがベストな方法だと信じています。うまくフォーカスして、集中力とモチベーションを維持していくことです」

 錦織の2016年の挑戦はまだ始まったばかりだが、今後、ジョコビッチ戦で感じた世界の頂点との距離を、錦織はどのくらい縮めることができるだろうか。今のところ、トップ選手たちは衰えの兆しを見せていない。錦織自身が成長し、その差を縮めていくことができた時、初めて悲願であるグランドスラム初制覇の可能性が見えてくるはずだ。

神仁司●文 text by Ko Hitoshi