27日正午ごろ、上海虹橋国際空港で、駐機場を移動していた中国東方航空の旅客機2機の主翼同士が接触する事故が発生した。

写真拡大

2016年1月27日正午ごろ、上海虹橋国際空港で、駐機場を移動していた中国東方航空の旅客機2機の主翼同士が接触する事故が発生した。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

接触したのはMU2153便(西安発上海行き)と同2154便(上海発西安行き)。2機の主翼が損傷したが、乗客にけがはなかった。(翻訳・編集/柳川)