27日、韓国・木浦海洋警備安全署は、全羅南道可居島から北西に85キロの海域で同日午前、中国漁船が転覆し、1人が死亡したと明らかにした。資料写真。

写真拡大

2016年1月27日、韓国・木浦海洋警備安全署は、全羅南道可居島から北西に85キロの海域で同日午前、中国漁船が転覆し、1人が死亡したと明らかにした。新華社通信が伝えた。

韓国メディアによると、船には10人が乗っており、死者のほか救出された5人のうち1人が負傷、残り4人の行方は分かっていない。漁船は故障したため別の中国漁船がけん引し中国海域に向かう途中で転覆したという。事故後、韓国当局は公船やヘリを派遣。現在も捜索活動が続いている。(翻訳・編集/内山)