ゴルフ全体のリズムが持ち味の堀琴音、初優勝は目の前だ(撮影:米山聡明)

写真拡大

 昨季の国内女子ツアーの優勝選手を振り返り、強さの要因を探る“Playback LPGATour2015”。優勝者のスイングを解説してきたが、番外編として昨季優勝こそないものの、今季の活躍が期待される注目選手をピックアップしていく。第25回はフル参戦初年度に賞金シードを獲得した堀琴音。昨シーズン、新人ながらパーオン率トップ10に入った堀のスイングの特徴とは?
【解説】堀琴音の重力による加速を生かしたスイング連続写真(計11枚)
 アマチュア時代から名をはせていた堀。ステップ・アップ・ツアー「ABCレディース」で優勝、レギュラーツアーでは史上3人目となる3試合連続トップ10入り(後に新垣比菜も達成)とプロのトーナメントでも結果を残していた。
 一昨年のプロテスト合格後、初のフル参戦となった昨シーズンは開幕から3試合連続で予選落ちと躓いたものの、ツアーに慣れてからはホステス大会「中京テレビ・ブリヂストンレディス」で5位タイに入るなど活躍。プロ1年目にして翌年の出場権を得るに至った。
 ツアープロコーチの辻村明志氏曰く「ジュニアの頃から彼女を良く見る機会があり、インパクトの上手さは当時から光っていた」という。辻村氏は「彼女の武器は球際のセンスの良さだろう」と分析する。
「彼女のスイングはバックスイングで伸び上がりながら高い位置にエネルギーを溜め、クラブや腕の重さを上手く利用し、重力による加速を最大限に生かしているのが特徴。トップポジションからダウンスイングにかけ、テークバックで引き上げた右の股関節をダウンスイングで落とすことでスムーズに手元が懐へと入ってくる(辻村)」
 「また、彼女のインパクトの上手さの秘訣は、重力が使えることによりタイミングが狂いづらい点である。重力を使えるスイングとは、“同じタイミング”・“同じコンタクト”といったところであろう。アマチュアの方でボールコンタクトが悪いとお悩みの方は、是非とも重力を感じながらのダウンスイングを心がけて欲しい」。
 辻村氏はスイングだけでなくゴルフ全体のリズムの良さが堀の強さだと口にする。「ゲーム全体においてリズムよく、強気に、淡々とプレーする小気味好いプレースタイルは、自身の潜在能力を大いに引き出し、また観るものを魅了している」。ツアーでの戦い方を覚えて臨む2年目のシーズン、初優勝は目の前だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【スイング解説】スイングアークの大きい松森彩夏は参考になる点がいっぱい!
姉・奈津佳とのドレス姿でのツーショット写真!