ダスティン・ホフマン「カンフー・パンダ」で何の動物役か知らず3本出演。

写真拡大

ダスティン・ホフマン(78歳)は、人気アニメ映画「カンフー・パンダ」で何の動物を演じているのか知らなかったようだ。

シリーズ3作目となる最新作でも、引き続きシーフー老師を演じているダスティンだが、主役同様自分がパンダであったことを知らなかったのだという。

「トゥデイ」に出演した際、司会のマット・ラウアーからどんな動物を演じているのかと尋ねられ、「良く分からないんだよね……ラクーンかな?」と答えると、周りからこっそりシーフー老師がレッサーパンダであると助け船を出され、あたかも知っていたかのように「レッサーパンダだよ」と答えた。

ジャック・ブラックが主役のポーを演じ、アンジェリーナ・ジョリーがマスター・タイガー、ジャッキー・チェンがマスター・モンキーの声を務める同作に3本出演しているダスティンだが、出演を断った映画は数多くあるそうで、その中には「シンドラーのリスト」や「未知との遭遇」などの大ヒット作も含まれていることから、自身が成功に向いていないと感じているようだ。

「脚本を読み終わると『今まで読んだ中で最高の脚本だよ。でも僕はやらないよ』って言うんだ」
「そうやって素晴らしい作品や監督、俳優たちからの誘いをたくさん断ったのさ」
「僕って成功に疑問を感じていたのかもね。ウディ・アレンも断ったし、『シンドラーのリスト』も断った。フェデリコ・フェリーニも断ったし、イングマール・ベルイマンも断ったよ」

そんな数々のチャンスを蹴ったというダスティンだが、1979年作「クレイマー、クレイマー」と1988年作「レインマン」で2度もアカデミー賞主演男優賞を獲得する輝かしいキャリアを築いている。