首都高速でトレーラー同士が追突 運転手が中洲に落下し重体

ざっくり言うと

  • 28日早朝、首都高速中央環状線内回りでトレーラー同士の追突事故があった
  • 追突したトレーラーを運転していた男性が中州部分に落下し、意識不明の重体
  • 運転席のドアが開かず助手席側から降り、誤って転落した可能性があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング