遺伝子操作で「サルの自閉症」を発症させる:中国の研究チーム

写真拡大

中国の研究チームが、サルの遺伝子を操作した「自閉症モデル」サルを発表した。医薬品の前臨床試験ではサルが利用されており、これによって「自閉症」のメカニズムやその効果的な治療法が見つかることが期待される。

「遺伝子操作で「サルの自閉症」を発症させる:中国の研究チーム」の写真・リンク付きの記事はこちら

中国の科学者たちが、サルの遺伝子を操作して「自閉症」を発症させたと発表した。この実験により、人間の自閉症患者に効果的な治療法が見つかることが期待されている。

中国科学院上海生命科学研究院の研究チームは、MECP2遺伝子の余分なコピーをもつマカク属のサルをすでに12頭以上誕生させた発表している。

科学誌『Nature』に掲載された論文によると、MECP2遺伝子の余分なコピーをもつサルたちには、行ったり来たりする、同じところをぐるぐる回る、ほかのサルたちとの交流が少ないなど、自閉症的な特徴が見られる(以下の動画)。さらに、研究者がケージに入ると必要以上に不安を感じ、目を見つめられた時には、激高や不安、恐れなどの様子を見せるという(さらに、調査対象のうちの1匹で、人為的に導入されたMECP2遺伝子が子孫に伝えられ、子でも自閉症的な行動がみられたという)。

自閉症は、単独遺伝子の突然変異が原因とはされていないが、脳内部の共通する回路が影響を受けることが原因であると考えられている。研究チームでは、サルたちの行動を観察し、その脳の画像データを作成することにより、これらの回路の一部を特定できることを期待している。

このモデルは完璧なものとはいえないが、チームを率いたジーロン・キュウ(Zilong Qiu)は次のように述べている。「(遺伝子操作された)サルたちは、人間の自閉症患者と非常によく似た行動を示します。ほかに類のないモデルだと思います」

チームはさらに、症状を軽減するための脳深部刺激療法や、遺伝子の欠陥を修復するための試みであるCRISPRゲノム編集など、さまざまな治療法のテストも行う予定だという。

人間の自閉症は、通常は幼少期から見られ、他者とのコミュニケーションがとりにくかったり、言葉遣いや会話、抽象概念で苦労したりといった特徴がある。英国自閉症協会のサイトによると、英国では100人に1人以上がこうした症状を抱えているという。

関連記事:グーグルがゲノム解析を支援:自閉症研究などと提携

TAG

AutismGeneMonkeyResearchTransgenicWIRED UK