写真提供:マイナビニュース

写真拡大

LEXUSは、全世界の次世代を担うクリエイターを対象とした国際デザインコンペティション「LEXUS DESIGN AWARD 2016」に入賞した12作品を発表した。

「Anticipation」(予見)をテーマにデザインを募集した同コンペでは、73カ国から1,232作品の応募があり、昨年11月、世界中で活躍する審査員・メンターによる厳正な審査の結果、入賞12作品が選出された。うち4作品の受賞者は、世界的クリエイターをメンターとしたセッションを通じて、プロトタイプを制作するという。

その4作品に選ばれたのは、寒天からつくられた梱包資材の「AGAR PLASTICITY - A POTENTIAL USEFULNESS OF AGAR FOR PACKAGING AND MORE」(AMAM、荒木宏介、前谷典輝、村岡明)、子どもたちの感性を育てるブロック「DADA」(ジャン・ミョンシク)、モジュールの原理をデザインに活かした衣服「Shape Shifters」(アンジェリン・ローラ・フェヌータ)、紫外線に反応して変色する溶液を用いて時間を目に見える形で表す時計「TRACE」(STUDIO AYASKAN、ベグム・アヤスカン、ビケ・アヤスカン)。

これらは、ほかの入賞8作品のパネルと共に、今年4月にイタリア・ミラノで開催される「ミラノデザインウィーク2016」のLEXUS会場にて、4月11日〜17日まで展示され、入賞者は会場で自身の作品についてのプレゼンテーションを行う機会が提供されるということだ。また、会場での最終審査を経て、プロトタイプ4作品の中から「LEXUS DESIGN AWARD 2016」の頂点となるグランプリ(1作品)が決定するということだ。

なお、入賞作品の詳細や審査会の様子は、「LEXUS DESIGN AWARD」公式Webサイトに掲載されている。

(早川厚志)