クリス・マーティン、パパラッチから訴えられる

写真拡大

クリス・マーティンが轢かれたとするパパラッチから訴えられている。

意図的に轢いた?

リチャード・テリーは昨年の1月、カリフォルニア州サンタモニカクリス内にあるレストラン、ジョルジオ・バルディを去る際にクリスが意図的に自分を轢いたと主張している。TMZが入手した訴状によれば、テリー氏はクリスが意図的に歩道に乗り上げたことで自分を轢く結果となったとしているようで、その中にはクリスが「エンターテイメントニュースの人間に対して度重なる暴行を加える顕著な前歴がある」と記述されており、現場を去る際にも自分が大丈夫か気に掛けることもなかったとクリスを非難している。

当時の様子は他のカメラマンによって写真に収められており、その中ではテリー氏が歩道に横たわって救急隊員によって治療を受けている姿が見て取れる。

そんなトラブルも起こっている一方で、コールドプレイとしての活動は上昇の一途を辿っており、来年のスーパーボウルのハーフタイムショーへの出演も決定している。元妻グウィネス・パルトロウと2人の子供たちと共にクリスマスを過ごす予定だというクリスは「2週間くらいオフがあるんだけど、そうしたらスーパーボウルへの準備を始めないとね」「大きなショーだからプレッシャーは大きいし、どんなことをしたいかについてもう計画を立て始めたところさ」とその緊張感を語っていた。

Written&Photo by bangshowbiaz