27日、韓国メディアによると、旧日本軍慰安婦問題を広く知らせるための「平和の少女像バッジ」が来月から韓国で発売される。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真はソウルの慰安婦像。

写真拡大

2016年1月27日、韓国・ハンギョレによると、旧日本軍慰安婦問題を広く知らせるための「平和の少女像バッジ」が来月から韓国で発売される。

元慰安婦が作った作品などを販売する「Marymond」のユン・ホンジョ代表はこのほど、「少女像バッジを製作し、来月から販売する予定」と明らかにした。バッジを製作した理由について、ユン代表は「昨年末の慰安婦合意に納得がいかない」とし、「小さなバッジは常に持ち歩くことができるので、慰安婦問題をより広く知らせることができる」と明らかにした。

9人のデザイナーと共に3種類のバッジを製作したという。バッジは5000〜6000ウォン(500円前後)で販売する予定で、収益は慰安婦被害者の名誉回復を応援する「正義と記憶財団」の基金に使われるという。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「いいアイディア。応援する」
「これからが戦いの本番。慰安婦少女像は世界的なマスコットになるだろう」

「黄色いリボン(セウォル号事件の犠牲者追悼を象徴)のバッジをつけている人がたくさんいるのに、慰安婦バッジもつけろと?いっそのこと、リボンと少女像を合体させたデザインのバッジを作ってほしい」

「『少女像を守ろう!』と言う人が多いが、一体誰が少女像を奪うというのか?」
「慰安婦問題を利用して稼ごうとするな。本当は慰安婦問題を解決させたくないのでは?」(翻訳・編集/堂本)