27日、台湾・中央社によると、台湾の馬英九総統は28日にも南シナ海の太平島を訪れる方針だ。資料写真。

写真拡大

2016年1月27日、台湾・中央社によると、台湾の馬英九(マー・インジウ)総統は28日にも南シナ海の太平島を訪れる方針だ。実現すれば総統就任後、初の上陸となる。中国新聞網が伝えた。

台湾が実効支配する同島は中国のほか、ベトナム、フィリピンが領有権を主張している。

春節(旧正月)の到来に合わせた馬総統の島訪問について、台湾総統府の陳以信(チェン・イーシン)報道官は「天候が許せば」と断った上で、「島を視察し、駐在している人々をねぎらう予定」と説明。馬総統の代理として総統府の曽永権(ツァン・ヨンチュエン)秘書長が野党・民進党の前秘書長に電話をかけ、次期総統の蔡英文(ツァイ・インウェン)氏に代表者を派遣するよう呼び掛けたことも明らかにした。ただ、民進党はこれに応じないとの考えを示している。(翻訳・編集/野谷)