自宅で手軽に旅の食体験を

写真拡大

マルハニチロは、レトルト食品新シリーズ「地球の歩き方 旅の食卓」より「空飛ぶヤコブさん」「チキンムアンバ」「グーラッシュ」を2016年2月1日に発売する。

「地球の歩き方 旅の食卓」は、ダイヤモンド社の海外旅行ガイドブック「地球の歩き方」との共同企画。「忙しくても旅気分を味わいたい」「旅行で食べたあの味をもう一度食べたい」「外国の食文化に興味がある」という声に応え、自宅で手軽に旅の食体験ができる。

パッケージには、「地球の歩き方」ロゴや国名があしらわれている。本棚のガイドブックのように並べれば、旅行気分がより一層味わえる。

レトルト食品とは思えない本格的な味

「空飛ぶヤコブさん」は、スウェーデンの家庭料理である、バナナとチリソースのクリームシチュー。コク深いまろやかさの後に、チリソースのほのかな刺激を感じる、飽きのこない味わい。

「チキンムアンバ」は、アフリカ・ガボンの鶏モモ肉とナッツのトマト煮。トマトの酸味とナッツのコクのある香りが、鶏モモ肉の旨みとマッチし、クセになる味。

「グーラッシュ」はハンガリーの牛肉と野菜のハーブ煮込み。ダイス状にカットした牛肉に、トマトペーストと赤ワインを加え、香りのスパイス「マジュラム」「キャラウェイ」を効かせた。

価格は、各500円(税抜)。