NECは27日、グローバルなセキュリティ監視ネットワークを強化するために、サイバー攻撃対策の導入・運用を支援する「サイバーセキュリティ・ファクトリー」をシンガポールに開設したと発表した。

 NECは、サイバー攻撃の脅威に対応するための専門拠点として2014年に日本にサイバーセキュリティ・ファクトリーを開設し、セキュリティ専門要員によるネットワークやWebサイトの24時間監視、マルウエア(悪意のあるソフトウェア)や情報漏洩の調査などを提供しているが、今回新設したシンガポールの施設も、日本のシステムと脅威情報を共有しながら24時間体制での安全を提供していくという。