ギグス、ファン・ハール後任に指名されなければクラブと別れか

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドの上層部は、ライアン・ギグス氏(42)の退団を恐れているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。

▽現在、ユナイテッドでは、ルイス・ファン・ハール監督の去就が取りざたされている。チャンピオンズリーグでグループステージ敗退となり、プレミアリーグでも第23節を終えて5位。求心力が低下しているとの報道もあり、指揮官の辞任や解任が噂されているところだ。

▽後任には、チェルシー指揮官を解任されたジョゼ・モウリーニョ氏が有力候補として挙げられている。ただ、ユナイテッドのエド・ウッドワードCEOは、アシスタントコーチのギグス氏について、後任に選ばれなかった場合にクラブを離れるのではないかと憂慮しているという。

▽ユース時代から28年にわたってユナイテッドに在籍しているギグス氏がクラブを離れることになれば、サポーターからの反発は必至だ。ウッドワードCEOは、大きなジレンマに陥っているとみられている。