写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三井住友銀行は26日、エヌ・ティ・ティ・データ(以下NTTデータ)と脳科学技術の金融分野への応用を通じたイノベーションの創出を目的とした包括契約を締結したと発表した。

○脳科学を活用したサービスの実用検証を進める

脳科学とは、生物の認知や行動に関する脳のメカニズムを研究する学際的な研究分野で、近年では、人間の経済的な意思決定の特性も脳の機能・構造に基づいているという最新の研究成果を踏まえ、金融・経済分野への応用について関心が高まっているという。

三井住友銀行によると「お客さまをより深く知り、お客さまの真のニーズに沿ったサービスを提供するため、脳科学技術に知見のあるNTTデータおよびNTTデータ経営研究所と協働し、脳科学を活用したサービスの実用検証を進めることとした」としている。

現在想定している応用範囲例は、顧客の潜在ニーズを把握し、顧客毎に最適な商品・サービスの提供と資産運用を始める顧客へ安心かつ快適に利用してもらうための助言サービスなど。

今後も三井住友銀行は、新たな技術、サービスアイデアをオープンに取り入れながら、顧客により一層、価値のあるサービスを提供していくとしている。

(金野和子)