フルHDの4倍の表示領域、4Kディスプレイを4万円台で

写真拡大

液晶ディスプレイを手がけるJAPANNEXT(東京都千代田区)は、28型ワイド液晶ディスプレイ「JN-T280UHD」を2016年2月1日に発売する。

HDMI、Displayport、DVI、VGA、4ポート搭載 MHLも対応

フルHD(1920×1080ドット)の約4倍の作業領域を実現する4K解像度(3840×2160ドット)対応。段差のないフラットフレームデザインを採用し、省電力なLEDバックライトを搭載する。

10bit/10.7億色表示カラーパネルを採用し、画像をより鮮やかで美しく、忠実な色再現が可能。リフレッシュレート60Hz、応答速度は最大2.5ミリ秒で、動きの速い描写も滑らかに表示できるという。

低画質の映像を美しく鑑賞できる「超解像度技術機能」を搭載する。PIP(ピクチャー・イン・ピクチャー)/PBP(ピクチャー・バイ・ピクチャー)対応の「マルチウィンドウ機能」を備え、画面を分割して最大4つの入力ソースを表示できる。5ワット出力のステレオスピーカー搭載。

HDMI、Displayport、DVI、VGA、4つのポートを備えたほか、スマートフォンの画面を表示できる「MHL」も対応する。

発売記念特価4万4440円。