27日、中国福建省廈門市で撮影された老人の写真が、「中国で最もクールだ」として、大きな話題となっている。写真は小野Jesse氏とおじいさん(ご本人より提供を受け使用)。

写真拡大

2016年1月27日、中国福建省廈門(アモイ)市で撮影されたお年寄りの写真が、「中国で最もクールだ」として、大きな話題となっている。

【その他の写真】

廈門市で写真家として活動する小野Jesse氏(31)は昨年秋に、農村で暮らしている自身の祖父(85)を廈門に呼び、おしゃれな服を着せて街中で撮影した。その写真が、「中国で最もクールなおじいちゃん」としてネットを中心に話題を呼んでいる。

小野Jesse氏は、「写真を通して、社会の老人に対する気遣いを呼び掛けたかった。それから、おじいちゃんに自分の仕事がどういうものか知ってほしかったし、特別な写真を残してあげたかった」と語った。写真を見たおじいさんは、「自分でも誰だか分からないよ」と言い、家族から「カッコいい」と褒められて、喜んでいるという。

写真が大きな反響を呼んだことから、小野Jesse氏とおじいさんは中国中央テレビ(CCTV)の番組にゲスト出演することが決まった。小野Jesse氏は、「ついでに北京を観光できる。これもおじいちゃんの夢だった」と語っている。(翻訳・編集/北田)