年収いくらの男性と結婚したら「専業主婦」になれるの?

写真拡大

◆今回のお悩み

相談者:めらこさん
「転職や引っ越しでなかなかお金が貯まりません。これから結婚もしたいのですが、どのくらい貯金があれば結婚できるのか、タイミングがわかりません。また、結婚したときに彼の年収がどのくらいあれば、専業主婦になってもいいのか知りたいです」

編集部 めらこさんには、半年以内に結婚&結婚後は専業主婦になりたいという願望があるようです。一般的に、年収いくら以上の男性と結婚すれば、めらこさんは働かなくてもすむのでしょうか。

風呂内亜矢(以下、風呂内) 勤務者世帯の支出額が総務省統計局から発表されているんですが、2人世帯の場合は1カ月の平均値が約38.1万円、3人世帯(子ども1人想定)で約40.3万円、4人世帯(子ども2人想定)で約43.4万円となっています。これらを年額に計算し直すと、それぞれ約457.2万円、約483.6万円、520.8万円に。ただ、これはあくまで手取り収入の中から消費や社会保険料に使われている金額。人生ではお金がかかるときと控えやすい時期に変動があります。2割程度の貯蓄をコンスタントにすることを加味すると、専業主婦でいるためには、夫の額面の収入はそれぞれ約548.6万円、約580.3万円、約625万円がベースになりますね。

2人世帯なら、手間をかけて節約すれば450万円ほどで生活できるかとは思いますが、子どもを持つとなると手間や時間をかけて節約するのはなかなか難しいものです。そう考えると、やはり3人世帯では600万円、4人世帯では650万円くらいの年収が現実的でしょうね。

専業主婦になるために必要な夫の年収目安(額面)

・2人世帯(夫婦)……約548.6万円(節約をがんばるなら450万円ほどでも可能)
・3人世帯(夫婦と子ども1人)……約580.3万円
・4人世帯(夫婦と子ども2人)……約625万円

編集部 今、平均年収が400万円前後と言われていますので、将来的に子どもがほしいと考えている女性が専業主婦でい続けるには、一般よりも高収入の男性をパートナーにしなくてはならないわけですね。

風呂内 はい。ただ、夫の所得が高くても、仕事は簡単には辞めないほうがいいです。夫が稼いでいると、油断して家計を締めない妻もけっこう多いですし、高収入の男性は仕事でのお付き合いにお金がかかることもあります。その結果、気づけば家計が破綻していた、というのは、世帯収入700万円くらいの専業主婦家庭に多いという話も聞きます。

編集部 それは怖いですね。

>次ページ:結婚後の働き方別「生涯年収」とは?

★めらこさんプロフィール
医療・福祉関連企業で専門職の正社員として働く、社会人10年目以上の33歳。手取り年収約390万円、手取り月収約18万円。毎月の貯蓄額は設定せず、月々の家計やボーナスの中から余った分を貯蓄に回しており、現在の自分名義の貯蓄額は200〜250万円未満。赤字になった月には貯蓄に手をつけてしまうこともある。付き合っている彼はいないものの、半年以内に結婚をしたいと思っており、結婚後は専業主婦を希望。必要に応じて、パート・アルバイトなど負担の軽い仕事に就くことを望んでいる。こだわり出費は、半年に1度の高級マッサージで、1回につき3万円ほど使っている。

 (ヨダヒロコ/六識)