「バーチャル・フィッティングルーム」の利用イメージ

写真拡大 (全4枚)

 楽天は26日、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」において、バーチャル試着サービス「バーチャル・フィッティングルーム」の試験提供を開始した。昨年買収したエストニアのFits.me社の技術を活用している。

 「バーチャル・フィッティングルーム」では、ユーザーがシャツなどの衣服の購入前に、自らの身長・体重・年齢を入力することで、仮想的な体型を表示。いろいろなサイズを試着した際のイメージを、商品ページ上でバーチャルに確認できる。胸回り、腰回りの体型を入力することで、好みのフィット感(ゆったりめ、ぴったりめ)も指定できる。あわせて、最適な衣服サイズ(S、M、Lなど)を提案するサービス「フィット・アドバイザー」も導入する。

 今回の試験運用では、楽天市場の「紳士服はるやま」のメンズ用ワイシャツ約60点において「バーチャル・フィッティングルーム」を提供。「フィット・アドバイザー」は、「楽天市場」のファッションブランド公式ECサイト「スタイライフ」における約8,000点の商品を対象にサービスを展開する。

■関連リンク
紳士服はるやま|楽天市場