27日、カタール・ドーハで行われたサッカー男子リオデジャネイロ五輪アジア最終予選の準決勝で韓国がカタールを下し、世界初となる8大会連続の五輪出場を決めた。資料写真。

写真拡大

2016年1月27日未明、カタール・ドーハで行われたサッカー男子リオデジャネイロ五輪アジア最終予選の準決勝で、韓国がカタールを3−1で下し、決勝進出とともに、韓国代表として8回連続の五輪出場を決めた。サッカーでの8大会連続の五輪進出は世界初。韓国・OSENなど複数のメディアが、これを見出しに掲げ大きく報じている。

サッカーの五輪連続出場は、これまでイタリアと韓国の7大会連続が最多だった。イタリアは7大会連続出場を2度果たしているが、韓国は1988年のソウル五輪から連続出場、今回リオ五輪への進出を決めたことで、単独の世界記録を打ち立てた。韓国は前回12年のロンドン五輪で歴代最高となる銅メダルを獲得しており、リオ五輪ではこれを上回る成績が早くも期待されている。

今回のアジア最終予選で、韓国は4勝1分の成績で決勝に進出、五輪予選大会では34試合の無敗記録を更新し続けている。決勝は同じくリオ五輪出場を決めた日本と、30日23時45分(日本時間)にキックオフする。

この報道に、韓国のネットユーザーは喜びのコメントを数多く寄せている。

「本当に『ドーハの奇跡』が起こった。決勝では日本をひざまずかせ、泣かせてやろう」
「今回の試合は本当によくやったと思う」
「最後に決めたゴールは芸術的だったね」
「今度は日本を打ち負かせ!」

「この実力なら五輪に行って当然」
「まず頑張ったことは褒めたい。でも、ディフェンスと体力の面はもっと伸ばさないと!」
「歴代トップクラスの弱小チームと言われていたけど、五輪進出の力はあったね」

「この伝説的な記録を、世界の誰も破ることはできないだろう」
「立派だ。そして涙が出るほどありがたい。君たちがいてくれて、本当に誇らしい」
「寝ないで見たかいがあった」
「心臓が止まるかと思うくらい、どきどきしながら見ていたよ。韓国の選手たち、おめでとう!」(翻訳・編集/吉金)