コスメ、特に基礎化粧品に配合される「ビタミンC誘導体」がやっぱりすごいことをご存知でしょうか?アンチエイジングやシミ予防、皮脂のコントロールなど美肌に欠かせない効果が期待できる成分です。今年は基礎化粧品を選ぶ際に「ビタミンC誘導体」が配合されているものを積極的に取り入れてみませんか?

ビタミンCじゃなくてなぜビタミンC誘導体なの?

ビタミンCを使わずビタミンC誘導体をコスメに配合するのは、ビタミンCが壊れやすい成分だから。ビタミンCも抗酸化作用や美白作用があるので、コスメには欠かせない成分です。しかし残念ながらそのままでは肌に浸透しません。一方、ビタミンC誘導体は肌に浸透やすく、その後にビタミンCに変化するという優れた成分なのです。

ビタミンC誘導体の効能は?

細胞の余分な活性酸素を抑制して肌の酸化を防ぐ作用やターンオーバーの促進、メラニンによるシミやそばかすを防ぐ効果が期待できます。また、肌荒れを防ぎ、皮脂の分泌を抑制するはたらきも持ちます。コラーゲンを作り出すビタミンC誘導体もあり、肌のたるみやしわなどの予防・改善にも効果的です。
ただし、ビタミンC誘導体の濃度が高くなるとより皮脂の分泌が抑えられるので、乾燥肌の人は濃度が低いものを選び、頻繁に使わないようにする注意が必要なほどです。

ビタミンC誘導体の種類とは?

ビタミンC誘導体にはいくつか種類があります。大きく分けると水に溶けるもの、油に溶けるもの、水・油のいずれにも溶けるものです。水溶性は「アスコルビン酸グルコシド、アスコルビルエチル、リン酸型ビタミンC」などと表記され、水に溶けるため浸透性が高く化粧水や美容液に使用されます。即効性も期待できます。
一方脂溶性はビタミンCに油を結合させたもので、クリームに配合。「ステアリン酸アスコビル、テトラヘキシルデカン酸アスコビル」などと表記され、高濃度で持続性が高いことや、保湿効果も期待できるという特徴があります。
浸透力がもっとも高いのが水と油に溶けるタイプで、これは新型とも呼ばれます。「アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸、APPS」などと表記され浸透力は水溶性、脂溶性を上回るとされます。値段が高くなりますがそれなりの成分ですから投資の価値はあるかも!

やっぱり美肌にはビタミンCですが、今年はビタミンC誘導体に注目してくださいね。


writer:松尾真佐代