床にも椅子にも合うお手玉型の「おじゃみ座布団」

写真拡大

 クッションのように厚みがあり、現代のインテリア、椅子やソファにも合う新感覚座布団が人気だ。その名を『洛中高岡屋 おじゃみ座布団』(M:直径約40cm×高さ約15cm 7560円)という。関西ではお手玉を“おじゃみ”と呼ぶが、この座布団はまるでお手玉のような形状。4枚の布を立体的に縫い合わせている。

 これは、大正8年の創業以来、職人による手作り布団を作り続けている京都の「皺」が、2004年に開発したもの。

「平面的に見えますが、京座布団は横から見ると、裏面は平らで、表面はかまぼこのように中央が盛り上がった形をしています。座布団というのは、体重がもっともかかる真ん中からヘタるものなのですが、ヘタった時に凸凹せず、均一に、平らになるよう綿の重ねかた、詰めかたを工夫したのが京座布団なんです」

 同社社長の皺幸一郎さんは、そう説明する。『おじゃみ座布団』は、京座布団の良さを残しつつ、より立体的な形をとることで座り心地の良さを実現し、たちまちヒット商品となった。

「立体的にできているものの、この座布団も、使っているうちに中綿がやっぱり、徐々にヘタってしまうんです。そこで、“形を維持するもの”に進化させられないかと思い、座布団作りの常識を覆すチャレンジを始めて、作りだしたのが『NEWおじゃみ座布団』なんです」(高岡さん)

「NEWおじゃみ座布団」は、試行錯誤の末、職人たちが受け継いできた伝統を生かしつつ、新しい工夫を取り入れることで、「反発力がある層」と「ヘタリを和らげる層」を中綿で包んだ三層構造に。座布団の角を挟み込むように座ると、おじゃみの扇形が脚に寄り添い、膝をあまり広げず、正座に近い割り座ができる。背筋がピンと伸び、あぐらや横座りをするにも楽なフォルムとなった。

 さらに、枕や椅子&ソファのクッションとしても利用できる、日本人独特のライフスタイルに対応できる逸品だ。

※女性セブン2016年2月4日号