【警告】日本=南野(81分) イラク=ムスタファ(90+3分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】原川 力(日本)

写真拡大 (全5枚)

[MF]
3 遠藤 航 6.5
前日は軽いメニューをこなしただけと先発落ちの可能性があったが、ピッチに立てばやはり存在感は抜群。先制点も彼のパスカットから始まった。

7 原川 力 8 MAN OF THE MATCH
的確な散らしでチームにリズムをもたらした。守備面でも相棒の遠藤と連係して、イラクの攻撃を撥ね返した。そして終盤には劇的な決勝ゴール! 日本を五輪へ導いた。
 
10 中島翔哉 5.5
先制点のシーンでは鈴木にパスを供給。ただ、ボールを持つと潰される場面が多く、及第点と言えるパフォーマンスではなかった。

18 南野拓実 6
対面の選手へのマークを外さず、守備でチームを助けた。攻撃では原川の決勝点につながるクロスを供給。キレのあるドリブルでチャンスを作った。
 
[FW]
9 鈴木武蔵 6.5
圧倒的なスピードで左サイドを突破し、久保の先制弾をアシスト。失点の場面ではクリアがゴール方向に飛んでしまい、悔いの残るプレーとなった。
 
11 久保裕也 7 
鈴木のクロスをニアで合わせ、待望の先制ゴールを奪取。勝てば五輪の出場権を獲得できる試合で、その得点の意味合いは大きかった。
 
交代出場
FW
19 オナイウ阿道 6
足を攣った鈴木に代わり、早いタイミングでピッチへ。相変わらずの空中戦の強さを見せ、攻撃に幅を持たせた。
 
MF
16 浅野拓磨 -
積極的に裏を狙い、ボールを呼び込んだ。決勝点が決まった場面は前線で起点となり、南野に冷静にパスをつないだ。
 
MF
14 豊川雄太 -
原川のゴールが決まった後に試合を締めるために出場。時間は短かったが、2-1でゲームを終わらせた。
 
監督
手倉森誠 6.5
岩波を外し奈良を抜擢した最終ラインは、まずまずの出来。コンディションに不安のあった遠藤、負傷明けの鈴木の先発起用も当たった。浅野の投入も効いていた。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【日本代表・総評】 7
 狙い通りのカウンターから先制点を奪うも、CKから同点ゴールを献上。後半はイラクに押し込まれる展開が増えた。それでもオナイウ、浅野を早いタイミングで投入し、反撃を試みると原川が終了間際に決勝ゴール。粘り強い守備と交代の札が機能し、6大会連続での五輪出場権を掴んだ。
 
 [個人採点・寸評]
[GK]
1 櫛引政敏 6
失点シーンでは2度の好セーブを見せるも押し込まれた。セットプレーの対応など、落ち着いていただけに悔しい失点に。

[DF]
5 植田直通 6
前半は相手の圧力に対して高い位置でラインを保った。後半はやや反応が遅れ、押し込まれる場面が増えたが、相手FWに決定的な仕事はさせなかった。
 
6 山中亮輔 5.5
序盤、相手の10番、ホスニに翻弄される場面もあったが、粘り強く食らいつきシュートをブロックした。一方で後半は足が止まり、後手に回る回数が増えた。
 
12 室屋 成 6.5 
前半はここまで出場した3試合と変わらず、守備面で大きく貢献。後半はオーバーラップから良質なクロスを送った。
 
13 奈良竜樹 6
以前に先発した2試合と比べれば、大きな成長の跡がうかがえた。失点シーン以外は植田ともに固い牙城を築いた。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。