手倉森監督が作り上げた守備組織は見事のひと言。五輪出場を手繰り寄せる原動力になった。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 手倉森監督率いるU-23日本代表が、リオ五輪の出場権を獲得したね。五輪予選を兼ねたU-23アジア選手権の準決勝でイラクを下し、出場権が与えられる3位以内を確定させたんだ。

 結果が最優先される予選で、きっちりとその結果を出した。U-23代表の戦いぶりは評価されるべきだし、僕も心からおめでとうと言いたい。

 手倉森監督の采配は、素晴らしかったね。守って耐えてのサッカーを続けて、最後まで上手くいった。グループリーグの3試合も、準々決勝のイラン戦も、今回のイラク戦もそう。「このメンバーでは、このサッカーしかない」と割り切って、守備重視の戦術を選択したんだ。その潔さは、監督としては見事だよ。

 実際に今大会を振り返ると、GKも含めたチーム全体の守備意識が極めて高かった。両サイドバックはオーバーラップを控え気味だったし、最終ラインもあまり上げていない。前線からのプレッシングも休みなく続けていたし、中盤の選手もスペースを埋めて相手に自由を与えなかった。そうして相手のスタミナが落ちるのを待ち、終盤に隙を突いて点を取る。そんなスタイルを貫徹したんだ。
 
 カウンター狙いのチーム戦術を、選手全員が理解していたよ。ベガルタ時代もそうだったけど、手倉森監督は守備重視のチームを作るのが上手いね。
 ただ、個々のパフォーマンスに目を移すと、輝く選手がいなかったのは残念だった。

 南野は守備に追われて攻撃で目立っていなかったし、遠藤も抜群の守備を見せたわけではない。A代表入りしているふたりだけでなく、「彼がチームの軸だ」と思わせる選手はいなかったでしょ? チームとしての総合力は高いかもしれないけど、すぐにA代表で通用するような選手がいないのは、ちょっと不安だよ。

 そもそも、そうした軸になる選手がいないから、手倉森監督は守備重視の戦術を採用したのかもしれないね。疲労が溜まらないように選手をローテーションして、とにかく走り回れる状態を保ったんだ。チェイシングする前線の選手を頻繁に入れ替えていたのは、そういうことだよ。今のU-23代表の戦術は、あくまで受け身。強豪の戦い方ではないんだ。

 南アフリカ・ワールドカップの岡田監督のチームを思い出すよ。あの時はサイドハーフの松井と大久保がとにかく走り回って、相手にプレッシャーをかけ続けた。とにかく守備を頑張って、グループリーグを突破したんだ。

 もっと言えば、なでしこが初めてワールドカップで優勝した時も守備的に戦っていたし、ロンドン五輪でベスト4入りしたのも、やっぱり守りのチームだった。今回のU-23代表も同じ。結局、守って隙を突く受け身のサッカーが、今の日本には合っているのかもしれないね。
 ただ、受け身のサッカーは、たいてい弱いチームが執る作戦だ。日本が自分の実力を認めてそういうサッカーをやるのもいいけど、それでは世界レベルに到達するのは難しいことも考えなければいけない。

 厳しいマークを受けても点が取れるFWや決定的なパスを出せるMFは、強豪と言われる国には必ずいる。日本がいきなり世界レベルのタレントを生み出すのは難しいけど、そういう選手を作っていく努力をしなければ可能性はゼロのままだ。

 五輪の本大会でも同じようなサッカーをするとしても、どんな相手と対戦するかだよね。アジアと違って、守り切れずに先に失点する試合は出てくるはずだ。そういう時にどうやって点を取るの? 今のチームには、その形が見えてこないよ。

 これから日本のサッカーを背負って立つことを考えたら、やっぱりU-23代表の選手の質にはクエスチョンマークが付く。攻撃的に戦って光る選手が出てこないと、アジアでは勝てたとしても、世界の壁に撥ね返されるだろうね。

 まあ、とにかく予選を突破したわけだから、ここからは世界を目指した戦い方を考えていくべきだろう。その手始めとして、韓国との決勝では点を取りに行くサッカーを見せてほしいね。

 ここまで固まったチーム戦術を変更するのは難しいけど、決勝は攻撃的に戦った時になにができるのかを試すいいチャンスだ。選手たちはプレッシャーから解放されているし、監督も思い切った采配を振るえるはずだよ。