韓国が開催国カタールを破って8大会連続10度目の五輪出場を決める《AFC U-23選手権》

写真拡大

▽リオ五輪のアジア最終予選を兼ねたAFC U-23選手権2016カタール大会の準決勝が26日に行われ、U-23カタール代表vsU-23韓国代表は、1-3で韓国が勝利した。

▽4日前に行われた準々決勝の北朝鮮戦で延長戦の末に2-1で勝ち上がった6大会ぶり3度目の五輪出場を目指すカタールと、3日前に行われた準々決勝のヨルダン戦を1-0で制した前人未踏の8大会連続10度目の五輪出場を目指す韓国の一戦。

▽オープンな攻防で立ち上がった中、互いに決定機を演出するには至らずに時間が経過していく。徐々に韓国がポゼッションを高めていくと、長身FWのキム・ヒョンへシンプルに当てて打開を図った。一方のカタールはカウンターを狙ったが、韓国の守備網を攻略するには至らず、ゴールレスで前半を終えた。

▽しかし迎えた後半開始3分、韓国が先制する。ロングフィードに抜け出した韓国の10番リュ・スンウ[写真]がダイレクトでシュート。これが無謀に飛び出したGKをすり抜け、無人のゴールへと転がっていった。さらに韓国はボックス内からキム・ヒョンが枠内シュートを浴びせれば、イ・チャンミンが強烈なミドルシュートを放って、追加点に迫っていく。そんな中、62分にゴール至近距離から決定的なヘディングシュートを浴びたが、GKキム・ドンジュンがビッグセーブで阻止した。

▽その後、70分にキム・ヒョンのコントロールシュートでゴールに迫った韓国は、74分にアラディンにボックス内から決定的なシュートを許したが枠を外れ、救われる。しかし79分、アラディンのボレーシュートが枠を捉えると、これがGKキム・ドンジュンの手を弾いてゴールラインを割り、試合を振り出しに戻されてしまう。

▽ここからカタールの攻勢を受けた韓国だったが、89分に劇的な勝ち越しゴールを奪う。キム・ヒョンのスルーパスを引き出したイ・スルチャンがボックス右から折り返し、最後はクォン・チャンフンがスライディングシュートでゴール左へ流し込んだ。さらに追加タイム5分にもムン・チャンジンがダメ押しゴールを奪い3-1で勝利。韓国が8大会連続10度目の五輪出場を決め、日本の待つ決勝へ進出している。一方、敗れたカタールはイラクと五輪出場を懸けた3位決定戦に回ることとなった。