“出来過ぎたシナリオ”で五輪出場決定…手倉森監督「魂の塊です」

写真拡大

 AFC U−23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)準決勝が26日に行われ、U−23日本代表は2−1でU−23イラク代表を下してリオデジャネイロ・オリンピック出場を決めた。試合後、手倉森誠監督がインタビューに応じている。

 日本は26分にFW鈴木武蔵のクロスからFW久保裕也が決めて先制に成功。ところが43分にセットプレーの流れから同点ゴールを許してしまう。後半は得点が生まれないまま時計の針が進み、このまま延長戦突入かに思われた後半アディショナルタイム3分、クロスボールのこぼれ球をエリア手間のMF原川力が拾うと左足を一閃。このシュートがゴール右隅に決まり、日本が劇的勝利を収めた。

 手倉森監督は、「90分で決めたかった。しびれましたね」と興奮気味に話すと、「出来過ぎなぐらいのシナリオですけど、オリンピック決めました」と、喜びを口にした。続けて、「難しいとか厳しいとか言われた中で、僕自身が彼らの可能性を信じて戦いながらやってきて、彼らもおとなしい世代ですけど、いつかはやってやるんだっていう気持ちが実を結んだ、神様からのプレゼントだと思います」とコメント。選手たちの頑張りを称えている。

 勝利の瞬間、ピッチに飛び込んでチームがひとつになったシーンについては、「大和魂。魂の塊です」と述べ、「この年代はリベンジのための大会をしている感じ。日本サッカー界のことを思うと、ロスタイムで取るあたりも、ドーハの悲劇から歴史を逆転させているいい勝ち方だなと思います」と日本サッカーの歴史を変える勝利だと語った。

 そして「ここ数年、日本サッカー界はアジアで勝てないと言われている。僕らが、日本はアジアのトップなんだということを、国民と一緒に勝ち取りたいです。優勝します」と、決勝戦に向けて意気込んだ。

 日本は30日に行われる決勝でU−23カタール代表とU−23韓国代表の勝者と対戦する。