劇的ゴールでリオ五輪に導いたMF原川力「アジア1位で行きたいです」

写真拡大

 AFC U−23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)準決勝が26日に行われ、U−23日本代表は2−1でU−23イラク代表を下してリオデジャネイロ・オリンピック出場を決めた。この試合で劇的な決勝ゴールを挙げたMF原川力が試合後のインタビューに応えている。

 日本は26分にFW鈴木武蔵のクロスからFW久保裕也が決めて先制に成功。ところが43分にセットプレーの流れから同点ゴールを許してしまう。後半は得点が生まれないまま時計の針が進み、このまま延長戦突入かに思われた後半アディショナルタイム3分、クロスボールのこぼれ球をエリア手間で拾った原川が左足を振り抜き、ゴール右隅に決めた。

 劇的ゴールを決めた原川は、「ホッとしてます」と安堵の表情を浮かべると、「1つの目標でしたし、すごく嬉しいです」と五輪出場決定を喜んだ。

 試合については、「苦しい時間のほうが多かったけど、耐えたことが勝因。勝つことしか考えてなかったし、それが実現できたのでチームがより成長したかなと思います」と語り、苦しみながら勝利を掴んだチームを評価している。

 そして自身のゴールを、「あんまり覚えてないですけど、いいところにこぼれてきたんでふかさないように抑えてシュートを打って、まあ枠に入ってよかったです」と振り返った。

 イラク相手の勝利には、「僕自身イラクに勝ったのは初めてなので、こういう舞台で勝てて嬉しいです」とリベンジを果たしたことを喜び、「1位でオリンピックに行くことが大事ですし、6勝して行きたいです」と優勝を誓った。

 日本は30日に行われる決勝でU−23カタール代表とU−23韓国代表の勝者と対戦する。