Doctors Me(ドクターズミー)- 痛い治療はなるべく避けたい…虫歯の無痛治療って?

写真拡大

歯医者は毎回ドキドキするから不安、苦手…という方は多いと思います。
そんな歯科治療への恐怖心が強い人に配慮した“無痛治療”が注目を集めています。

無痛治療とはどのような治療なのか、医師に伺いました。

無痛治療って、どうやって痛みを緩和するの?

虫歯の治療時の痛みを緩和する方法としては、次の2つの方法が代表的なものになります。

<麻酔治療>
通常、何か症状がある歯に対しては歯科用麻酔が必要です。
麻酔をするときの緩和処置として口腔粘膜表面の感覚を麻痺させるゼリー状やスプレー状のものを併用することもあります。

ほかにも以下の麻酔時の痛み軽減に対応されている先生もいらっしゃいます。
・細い注射針を使用する。
・歯科麻酔薬のカートリッジを人肌程度に温める。
・電動麻酔器を使用して麻酔薬の注入圧をコントロールする。

ただ、虫歯であれ歯周病であれ、早期の治療なら麻酔を使わずに痛まない治療が可能です。いっぽうで、残念ながら急性炎症時は麻酔が効きにくいので治療に痛みなどが伴うこともあります。

<削らない治療>
虫歯になってしまった箇所を削らず、薬剤を使って治療する方法もあります。この場合は、歯を削らないので麻酔も使用しません。
虫歯の大きさが小さい場合、特殊な薬剤でむし歯を溶かしてそれを除去する方法や、虫歯の感染した歯質を無菌化させて、むし歯であった象牙質の再石灰化を促す方法などもあります。

このほかにレーザーを使用する方法などもあります。通常これらの方法は、保険外診療になります。

恐怖心自体を和らげる方法も

歯科治療時の恐怖心を取る方法として、鎮静効果の高い次の2つの方法が用いられることもあります。
どちらとも全身麻酔とは違い、歯科治療中は意識は保たれたままですが、うたた寝をしているようなリラックスした状態になります。

< 笑気吸入鎮静法>
これは、鼻に笑気吸入用のマスクを装着して、吸引する麻酔です。
笑気と酸素の混合ガスを鼻マスクから吸うことにより、5分ほどで心地よく暖かい気分になり、 歯科治療への不安感、恐怖心、不快感を取り除くことができます(保険内診療の場合もあります)。

<静脈内麻酔鎮静法>
インプラント治療時などに、よく用いられる方法です。
点滴を使って静脈内に麻酔薬を投与します。それにより、意識を失わせることなく歯科治療に対する不安感や、恐怖心による精神的緊張を和らげられるのです。

医師からのアドバイス

これらの無痛治療の薬剤や器具は、必ずしもすべての歯科医院に常備されているとは限りません。

一般的には虫歯が小さければ歯科用麻酔を使用せずに、短時間、短期間で治療が終わります。そのためにも、日頃から定期検診などに通い、口腔内の状態を良好にしておくことが何よりの無痛治療です。

ほかにも、かかりつけの先生を見つけ、その先生との信頼関係を築いておくことで、スムーズな治療を受ける上で重要だといえるでしょう。

(監修:Doctors Me 歯科医師)