25日、韓国メディアによると、韓国江原道の複線電鉄の建設現場で、アーチ橋を支えるための構造物が崩壊した。一部では「手抜き工事」疑惑が持ち上がっている。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年1月25日、韓国・江原日報によると、韓国江原道の複線電鉄の建設現場で、アーチ橋を支えるための構造物が崩壊した。韓国鉄道施設公団は「最近の大寒波で鉄骨が収縮したため」と事故原因を説明しているが、一部では「手抜き工事」疑惑が持ち上がっている。

24日午前6時16分ごろ、江陵〜原州を結ぶ複線電鉄の建設現場で、アーチ橋を支えるための構造物が崩壊した。人命被害はなかったが、警察は2次被害を防ぐため、事故現場近くの道路を一時通行止めにした。事故直後、鉄道施設公団の江原本部は「突然の大寒波で鉄骨の構造物が収縮し、事故につながった」と明らかにした。

しかし、カトリック関東大学校のパク・チャングン教授は、「過去にはもっと寒い日が続いたこともあった。最近の寒さで鉄骨が収縮したとの説明はおかしい」と述べ、「ちゃんと設計されていたか、図面通りに施行されていたかなど、細かく調査する必要がある」と指摘した。警察は「正確な事故原因を分析し、手抜き工事の可能性があれば捜査に踏み出す」と話している。

これに対し、鉄道施設公団は「2018年の平昌冬季五輪のために行われている工事であるため、手抜き工事をするなどありえない」と反発している。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「強風で崩れたのか?」
「手抜き工事をした業者をもっと厳しく処罰しなければならない。韓国には食べ物や公共の物でふざける人が多過ぎる」

「まだ遅くない。平昌五輪は中止にしよう。このままでは国際的に大恥をかくことになる」
「完成した後に崩れ、多くの人命被害が出るよりはよかった」
「もし、多くの外国人観光客の前で崩壊していたら…。考えただけでも恐ろしい」

「年冬五輪はやっぱり、日本と共催にするべきだった」
「国際社会が2018年冬季五輪の日韓共催を望んでいる」
「多額の金をつぎ込んで五輪を開催しても、世界から批判されるだけ。国民には何の利益もない」(翻訳・編集/堂本)