采盟提供

写真拡大

(桃園空港 26日 中央社)台湾桃園国際空港の搭乗待合室に、今度は図書室がお目見えした。1200冊の書籍や雑誌、タブレット型パソコンなどが置かれ、飛行機を待つ時間を有効活用できるようになった。

同空港内にある免税店が設置した。付近には乳がん防止基金会などの慈善団体のブースも設けられ、チャリティーグッズの販売も行われている。

(卞金峰/編集:齊藤啓介)