台北メトロ文湖線で増発  混雑緩和狙う/台湾

写真拡大

(台北 26日 中央社)慢性的な混雑緩和のため、台北メトロ(MRT)は、26日から文湖線で区間車の運転を開始した。同線は18日にも朝夕ラッシュ時に増発を行っている。

区間車は朝ラッシュ時に六張犁発南港展覧館行き、夕ラッシュ時に港カン発動物園行きをそれぞれ1本運行。他線との乗換駅となる南京復興、忠孝復興、大安各駅の混雑緩和を目指す。(カン=土へんに乾)

また、ラッシュ時には定員が比較的多い車両を重点的に投入。最も混雑する1時間では従来に比べ1800人分の輸送力増強が図れたとしている。

柯文哲台北市長は19日、車内の座席を折りたたみ式に変更し定員を増やす方法を提案。メトロでは大きな効果は期待できないとしならがも、同市交通局の今後の計画に従う考えを示した。

(黄麗芸、顧セン/編集:齊藤啓介)