日本サッカー界にとって近年、"鬼門"だった準々決勝の壁を突破した手倉森ジャパンは、オリンピックへの出場権をかけて準決勝でイラクと戦うことになった。

 この巡り合わせに、選手たちは奮い立っている。

「大会前からずっと、ここで当たればいいなと思っていたので、それが叶ってよかった」とセンターバックの植田直通(鹿島)が言えば、パートナーの岩波拓也(神戸)も、「イラクは韓国よりも倒したい相手。決勝を懸けてイラクとやれるのは楽しみ」と語った。

 彼らがイラクに対して特別な思いを寄せるのには、もちろん理由がある。

 手倉森ジャパンの初陣となった、2014年1月のU−23アジア選手権オマーン大会。1勝2分でグループステージを突破し、準々決勝に進んだチームの前に立ちはだかったのが、イラクだった。ほとんど一方的に押し込まれながらもカウンターで反撃に転じたが、1本のロングボールで裏を取られてゴールを破られてしまった。

 これが手倉森ジャパンの初黒星となり、まさにこの敗戦からチーム作りが本格的にスタートした。

 その8ヶ月後、日本はふたたびイラクと顔を合わせることになる。9月に韓国・仁川で行なわれたアジア大会のグループステージ第2戦。イラクに先制点を許し、中島翔哉(FC東京)のゴールで追いついたものの後半に2点を奪われ、リベンジはならなかった。

 いずれのゲームも日本は21歳以下で、相手は2歳上の23歳以下。アジア大会ではオーバーエイジも加えられていたが、手倉森ジャパンは過去2度もイラクに苦い経験を味わわされているのだ。

 さらにさかのぼれば、手倉森ジャパンを構成する年上の世代――1993年・1994年生まれの選手たちが吉田靖監督のもとで出場した2012年11月のU−19アジア選手権の準々決勝で対戦した相手も、イラクだった。翌年のU−20ワールドカップへの出場権の懸かったこの試合で、日本はいいところなく1−2で敗れ去っている。

 この試合のピッチには、遠藤航(浦和)、久保裕也(ヤングボーイズ)、大島僚太(川崎F)、矢島慎也(岡山)、山中亮輔(柏)、櫛引政敏(鹿島)、岩波の7人が立っていて、松原健(新潟)、杉本大地(徳島)、奈良竜樹(川崎F)、植田の4人はベンチから見つめていた。そのすべての試合に出場していた山中が力強く言う。

「同じ相手に3回やって全部負けたのは、本当に情けない。次こそ勝って、オリンピック出場を決めたいです」

 リベンジを果たすための、最高の舞台が整ったというわけだ。

 今大会のイラクは、アンカーを置く4−3−3を主なシステムとして戦っている。警戒すべきは、頻繁にポジションを入れ替えてくる両ウイングだ。主に右サイドにいる11番のフマーム・タリクは16歳でA代表入りを果たしたタレントで、タッチ数の多いドリブルと鋭角のフェイントでディフェンスラインを切り裂いてくる。2014年のアジア大会で先制ゴールをマークしたのも、このレフティだ。

 一方、主に左サイドでプレーする10番のアリ・ヒスニー・ファイサルは、スピードに乗った突破と鋭い切り返しでサイドからえぐってくる選手。また、インサイドハーフを務める9番のマフディー・カミールにも警戒が必要で、密集をすり抜けていくドリブルとショートレンジのパスを武器とするテクニシャンだ。

 彼らを中心としたイラクは前半、地上戦を仕掛けてくるが、後半に入ると一変して18番の長身ストライカー、アイメン・フセインを投入してパワープレーを仕掛けてくる。フセインの頭めがけてボールを放り込み、セカンドボールに対して2列目が飛び込んでくる戦術だ。

「サッカーを壊してくる印象を受けた。今大会で一番、浮いたボールを使ってくるチームだなと。日本としては、まずボールを落ち着かせ、地上戦をやらないといけない」

 そう警戒したのは、手倉森誠監督である。岩波も同調するように言う。

「イラクはロングボールを蹴って、間延びさせようとしてくると思う。それでも、しっかりラインをコントロールしてコンパクトにできれば、戦えるという印象がある」

 おそらくゲームプランは、イランとの準々決勝と似たものになるだろう。粘り強く守り抜き、勝負どころで仕留めにいく――。

 ただし、イラン戦のように相手の運動量が落ちるまで我慢するにしても、中盤でのボール保持率をもう少し高め、ゲームをコントロールしなければ、守り切るのは難しい。イラクの攻撃陣はイランより強力なうえ、完封したイラン戦でもGK櫛引のビッグセーブやバーとポストに何度も助けられており、先に失点してもおかしくなかったからだ。

 また、中盤でボールを回して揺さぶることができれば、相手のスタミナを奪うことにもつながっていく。イラン戦にボランチとして出場した原川力(川崎F)は、次戦に向けた改善点をこう指摘する。

「サイドチェンジを交えながら揺さぶることができれば、もっとスペースができた。チームとして、どこにスペースを作って攻撃していくかを共有できれば、もっと効率の良いサッカーができて、ゴール前まで運べると思います」

 準々決勝の2日後――つまり、イラク戦の2日前のトレーニングでは、遠藤が左足前の付け根に、亀川諒史(福岡)が左足ハムストリングの付け根に、豊川雄太(岡山)が腰に違和感を覚えて別メニューをこなしたが、いずれも症状は軽いとのことだ。

 右足付け根付近に炎症を起こしている鈴木武蔵(新潟)は、この日のトレーニングから全体練習に合流した。一方で、発熱のために準々決勝を欠場した井手口陽介(G大阪)は、回復状況にあるものの、この日もホテルで静養しており、イラク戦での出場は難しいだろう。

 イラク戦もこれまでと同様、選手たちのコンディションを考慮し、そのときのベストのメンバーがピッチに送り込まれるに違いない。

 その見極めにおいて大事なものは、日々の観察だと指揮官は言う。

「選手をしっかり観ている。それは俺の感覚なんですが、選手にはそれぞれルーティーンがあって、その些細な変化を見逃さない。そして、コンディションのことやいろいろな情報をもらって、『先発させる・させない』を決めている。対戦相手によっても、ベストメンバーは変わってくるということは選手たちに常々話しているから、選手たちも万全の準備をしていて、出た選手が活躍してくれる」

 準々決勝で出番がなく、最後までピッチの外から戦況を見守り続けた南野拓実(ザルツブルク)や、わずか8分間の出場にとどまった大島がイラクとの大一番でスタメンに返り咲いたとしても、そこに驚きは、もう一切ない。

飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi