英、台湾からの旅行者の入国審査簡素化  「登録旅行者制度」利用が可能に

写真拡大

(台北 26日 中央社)外交部は26日、英国が現地時間25日午後より台湾からの旅行者に対して「登録旅行者制度(RTS)」の利用を認めたと発表した。入国審査が簡素化され、頻繁に訪英する旅行者は入国カードの記入が不要となる。

RTSは有効期限6カ月以上の英国ビザを持っているか、過去2年間に4度訪英したことがある対象国・地域の旅行者が申請できる。これまでは日本、米国、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアからの旅行者のみが申請できたが、台湾をはじめ、香港、韓国、シンガポールにも利用が拡大された。

外交部は英国の対応を「歓迎する」とコメント。経済や商業、文化、教育、観光などの人的交流が日増しに密接になっていることが反映されたとしている。

(唐佩君/編集:齊藤啓介)