キットカット ミニ 受験生メッセージパック

写真拡大

試験の準備は万全、霊験あらたかな寺社への合格祈願済み...。これらに加えてこの数年の受験シーズンでにわかに盛んになっているのが、"合格祈願の菓子"によるゲン担ぎだ。2016年は種類もふえて選ぶ楽しみも増した。好きなお菓子でホッとできれば試験にも余裕をもって臨める効果がありそうだ。

「ウカール」起源に「キット勝つ」「勝カレー味」「五角(合格)パッケージ」

"合格祈願菓子"は、02年の受験シーズンに明治製菓(当時)が、スナック菓子ブランド「カール」から「ウカール(受かーる)」を販売し大ヒットしたことが、その先駆けとされる。

翌03年、ネスレがチョコレート菓子「キットカット」を都内のホテルに宿泊する受験生に配布して"下地"をつくったうえで04年に、「合格」のイメージがあるサクラ柄のパッケージの商品を企画。商品名をアレンジした「キット勝つ」のフレーズに乗って広まり、受験生のゲン担ぎ商品市場が誕生したものだ。

その後、参入製品は毎年のように増え、店舗によっては専用のコーナーも設けられている。その棚に並ぶのは「ウカール」「キットカット」のほか、東ハトの「ポテ校 勝カレー味/勝ボナーラ味」や「カナエルコーン 受験にカテオレ味/咲くらんぼ味」、カルビーの「ポテトチップス 合格する梅(ばい) うめぇ〜ぷる味」、ロッテのラジオ番組との企画商品「めざせ合格!Toppa(トッパ)!」など。

スイーツ専門店「キットカット ショコラトリー」から16年1月、「合格」をかけた「五角」パッケージの「ピスタチオ&ラズベリー味」のキットカットと、サクラの木から作られたチャームが入った受験生応援パックが初登場した。