大雪のNY市内をスキーとスノーボードで滑走してみた(動画あり)

写真拡大

大雪でのニューヨーク市内を、Jeepに牽引されてスノボとスキーで滑走。ドローンやGoProを駆使して撮影した動画がYouTubeで人気を集めている。

米国東部ではこの週末にかけて、ふたつの低気圧が重なってひとつの巨大な前線となり、ウェストヴァージニア州に1mの雪を積もらせ、さらにほかの8つの州でも30cmの降雪があった。その深刻さは、米航空宇宙局(NASA)が、降雪範囲を宇宙から撮影した衛星画像を公開したほどだった。

「大雪のNY市内をスキーとスノーボードで滑走してみた(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

ニューヨーク市では、警察が住民に対して外出しないように呼びかけ、外出した場合は法による厳しい処罰を受ける可能性があると警告したにもかかわらず、数人の冒険家たちが、この雪嵐を肯定的なものに変えようとした。少なくとも、自分たちの「YouTube」チャンネルの視聴者数を増やすという意味においては。

動画制作者であり、動画メッセージアプリ「Beme(ビーム)」の制作者のひとりであるケイシー・ネイスタットは、仲間とともに、ドローンと愛車の「Jeep」、「GoPro」カメラ数台、スノーボード、スキー、そして編集技術を総動員して、ニューヨーク市街を自分たち専用の都会のゲレンデに変えた。

水上スキー用のロープを車の後部に取り付けたネイスタット氏と仲間たちは、マンハッタンの街路に美しいシュプールを刻むことに成功した。タクシーの横をすり抜け、さらには星条旗を手に、タイムズスクエアの信号の下でカーヴを描いてみせた。

この週末にニューヨーク市内をスキーで移動したのはネイスタット氏だけではないが、彼の動画は格別に素晴らしい。しかし、もっと面白いのは撮影の背景かもしれない。雪で飛べなくなってしまったドローンや、警官のコメント(「問題行動だと指摘する人たちがいるので、君たちに話さざるを得ないんだよ」)などが含まれている(以下はメイキング動画)。

関連記事:世紀の大寒波は、デンマークの「ヒュッゲ」で乗り切ろう

TAG

New YorkSnowboardVideoWIRED UK