写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤフーは1月26日、同社の公式ブログで「パスワード管理に関する大切なお知らせ」と題した注意喚起を行った。

これは、女性アイドルのアカウントに不正ログインして、メール内容などを盗み見した事件など、不正ログインに関する報道が相次いだことに合わせたもの。同事件では、容疑者が「パスワードを類推して不正ログインした」という趣旨の供述をしていることから、こうしたパスワードを利用している場合は、早急にパスワードを変更するよう、同ブログでは呼びかけている。

類推されやすいパスワードとしては、以下の3点が挙げられる。

・氏名、電話番号、生年月日に関連する文字列
・Yahoo! JAPAN IDに含まれる文字列の引用
・すべて同じ文字や、わかりやすい続き文字(例:1234)

特に1234やpasswordといった平易なパスワードは、漏えいしたパスワードを毎年集計している米SplashDataの調査でも上位にランクインしているため注意が必要だ。

また、複雑なパスワードを設定していたとしても、「使い回さないように」と同ブログで呼びかけている。ヤフーはJPCERT/CCなどと共同で、以前よりパスワード使い回しに対する啓蒙活動を行っている。