画像

写真拡大 (全3枚)

 フリークアウトのDSP「FreakOut」はRTBエンジンを刷新するとともに、インフィード・ダイナミックリターゲティング広告配信サービス、ならびに「FreakOut DynamicAds」の提供を開始した。

 フリークアウトのDSP「FreakOut」は、子会社M.T.Burnが提供するネイティブ広告プラットフォーム「Hike(ハイク)」とRTB接続し、インフィード・ダイナミックリターゲティング広告配信サービスの提供を開始。並びにデータフィード3社との接続をし、広告配信サービス「FreakOut DynamicAds」の提供も始めた。

 インフィード・ダイナミックリターゲティング広告では、FreakOutのRTBエンジンが広告主の商品データの中から、ユーザーの行動履歴に応じて最適な商品をリアルタイムに推薦。そして推薦された商品はHikeによって、各スマートフォンメディアの体裁にあわせて最適化された広告クリエイティブとして生成され、インフィード広告枠へ配信される。

 FreakOut DynamicAdsは、フィードフォースの「DF PLUS」とコマースリンクの「DFO」、そしてサイバーエージェントの「CA DataFeed Manager」とデータフィード接続を行っている。これにより、データを自動変換することで様々な手間を削減するとともに、一人ひとりにパーソナライズされた広告を配信できる。

 またFreakOutのRTBエンジンも新たなものに刷新しており、独自の機械学習エンジンを搭載することで、スマートフォン広告におけるパフォーマンスの大幅な改善を可能にした。

MarkeZine編集部[著]