野々村竜太郎被告、記憶障害の可能性を主張 弁護士も呆れ気味?

ざっくり言うと

  • 26日、詐欺罪などに問われた野々村竜太郎被告の公判が開かれた
  • 被告は「記憶障害の可能性がある」と診断された事を法廷で明かしたという
  • 裁判長からの問いに曖昧に答え、味方の弁護士も呆れ気味だったとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング