「Made in Japan: 日本の匠」画面(提供:Google)

写真拡大 (全4枚)

 Googleは26日、日本の工芸作品を海外に紹介する「Made in Japan: 日本の匠」プロジェクトを、美術作品や歴史的文献を閲覧できるサービス「Google Cultural Institute」サイトで公開した。

 Google Cultural Instituteには現在、メトロポリタン美術館やオルセー美術館、東京国立博物館等、世界各地の美術館や博物館1,000施設以上が参加。600万点を超える作品が閲覧可能となっている。

 「Made in Japan: 日本の匠」には、 青森県観光 国際戦略局観光企画課、秋田県産業労働部地域産業振興課、伊勢半本店 紅ミュージアム、仙台観光国際協会、立花家史料館、立命館大学アート・リサーチセンターの6施設が協力。「西陣織」「京薩摩」「九谷焼」「輪島塗」など、27都府県・82種の日本の工芸品が、オンライン展示されている。高画質画像で作品を鑑賞できる他、歴史や制作過程などのデータも公開されている。

■関連リンク
Made in Japan: 日本の匠