あの人気の外食株主優待株も7万円で買える! 日本株下落の今こそ狙いたい、10万円以下の 株主優待、アトムやシダックスなど3銘柄を紹介!

写真拡大

少額の投資で株主優待を楽しみたいという人にとって、今は2、3月の権利確定を控えた銘柄選びと買いタイミング探しに忙しい時期だ。今年は年初からの株価の下落で、例年以上に少額でしかも高利回りが狙える環境となっている。株主優待株は全体相場の下落にも強いという特長も合わせ持つ。そこで、今こそ買いたい10万円以下で買えるオススメ株主優待株3銘柄を1月21日発売のダイヤモンド・ザイ3月号の特大別冊付録「鉄板株主優待10大番付」中から紹介しよう。

コロワイドより安く買えコロワイドで使える
株主優待があるアトムは配当&優待利回り6%超

 数ある株主優待株の中でも10万円以下で買える株は初めて株を買う人はもちろん、NISA(少額投資非課税制度)で株を買いたい人にもオススメだ。NISAの非課税枠の上限は、2016年にこれまでの100万円から、20万円増額の年間120万円に引き上げられたが、その枠内での分散投資がしやすいからだ。

 今、オススメの10万円以下で買える株主優待株の首位はアトム(7412)。

 人気のグルメ系株主優待だ。株主優待がもらえる単元株の100株が7万円程度で買えて、株主優待利回りが6%近くと高い。運営する「ステーキ宮」などで使えるのはもちろんだが、コロワイド(7616)の傘下に入っているため、コロワイドグループの店舗で使えるほか、かっぱ寿司でも使えるようになった。購入のしやすさも株主優待券の使い勝手も申し分ない。

 続いて紹介したいのがモバイルクリエイト(3669)だ。

 移動体通信網や移動体管理システムの開発などを手掛ける会社だが、株主優待品は本社がある大分県の特産品。100株以上の株主は一律で2000円相当の商品で、2015年は地鶏めしととり天味付けセットなど3つから選べる内容となっていた。100株なら5万円弱で購入できるので、株主優待利回りは4%超。店舗に足を運ばなくても地方の味が楽しめる点もうれしい。

 また、権利確定が5月末である点も注目。「権利確定月が5月の会社は全部で30銘柄しかないので、権利確定月に向けて、株主優待狙いの投資家から買われやすい」(SBI証券の藤本誠之さん)。

 だとすれば、200株を買って、100株は株主優待獲得のために保有し続け、100株は高くなったところで売り抜けるというワザも有効だろう。

 続いてのオススメは、「レストランカラオケ・シダックス」のルーム料金や飲食代金の割引券がもらえるシダックス(4837)。

 100株が5万円程度で買えて、税込540円の割引券が5枚もらえるので、利回りは5%超。配当も加えれば、年間8%近い利回りが得られる。インバウンド需要を取り込んだ業績の伸びも期待できる。

 今こそ、株主優待株の絶好の買い時だ。アナタも株主優待株投資を始めてみてはいかが。