強盗殺人罪などに問われ死刑判決も…最高裁で弁護側が回避を主張

ざっくり言うと

  • 強盗殺人罪などで死刑とされた被告の上告審弁論が26日、最高裁で開かれた
  • 1審では裁判員の1人が殺害現場の写真を見て急性ストレス障害になったという
  • 弁護側は裁判員を解任しなかったのは手続き違反として、死刑回避を主張した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング