写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Oneteamは1月26日、ニッセイ・キャピタルを引き受け先とした総額約2億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

Oneteamはビジネスコミュニケーションプラットフォームで、「各トピックに紐づくリアルタイムチャット」や「各種クラウドサービスの連携と横断検索機能」により、企業内コミュニケーションの一元化を図る。

今回の資金調達では、経営基盤の強化とエンジニア・デザイナーの採用を行うほか、東南アジアなどの海外展開に向けたマーケティング強化を行うとしている。

現在Oneteamは、コラボレーションツールとしての「Oneteam」のほか、「ProfileBook」と呼ばれる社員情報共有アプリを提供している。