まるでアニメ、浮遊する「空中盆栽」(動画あり)

写真拡大

小さな植物たちが、浮上してクルクル回る「Air Bonsai(空中盆栽)」が、Kickstarterで人気を集めている。日本のチームが制作したもので、目標金額の8万ドルに対して、すでに24万ドル以上が集まっている。

宮崎駿のアニメを連想させる、この「宙に浮く盆栽」たちは、現実とは思えないほど愛らしい。しかしこれらは、アニメのなかの魔法を自分の部屋で実現したい人々に向けて行われている「Kickstarter」プロジェクト「Air Bonsai(空中盆栽)」だ。

「まるでアニメ、浮遊する「空中盆栽」(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

九州にあるアトリエを拠点に活動している製作チーム「Hoshinchu」によるこのクラウドファンディングは大人気で、目標金額の8万ドルに対して、現時点ですでに24万ドル以上が集まっている(締切日は3月1日)。

提供する資金に応じて、「リトルスター」と呼ばれるミニ盆栽を植えるための直径6cmの苔玉や溶岩石の器などがもらえる。これらが、「エネルギーベース」と呼ばれる磁石の台から2cm上に浮かんでクルクル回る仕組みだ。

エネルギーベースはACアダプターをつないで動作するもので、「内蔵磁石の力を利用し、回転機構を備えている」という。

500ドル以上の資金提供者は、植物が植えられた苔玉や溶岩石と、エネルギーベース、ACアダプターがもらえる。輸入上の問題から、米国の支援者には、日本で育った植物の代わりに、米国で育ったマツが送られることになっている。植物が含まれない空中盆栽キットは、200ドルの支援で入手できる(自分の好きな植物を置くことができる)。

特別な喜びを味わいたい人は、10,000ドルを払うことで、このプロジェクトが行われているアトリエと庭園を巡るプライヴェートツアーに参加できる。この世にひとつしかない手づくりの小さな座布団や、エネルギーベースとリトルスターももちろん含まれている(この価格には旅費や宿泊費も含まれており、庭園で自分で木を選んで盆栽をつくることができる。3人限定で、すでに1人が申し込んでいる)。

関連記事:世界のクラフトビールを「自宅で醸造」できるキット(動画あり)

TAG

BonsaiJapanKickstarterVideoWIRED UK