「日本U-23代表が抱える、ゾーンディフェンスの問題。」

写真拡大

カタールで開催されているAFC U-23選手権。

上位3チームにリオ五輪の出場権が与えられる同大会で、日本U-23代表は準々決勝でイランと対戦。延長戦の末に3-0で勝利し、準決勝進出を掴み取った。

前線の核となる海外組を欠くものの、年齢制限のないトルコ1部のクラブを親善試合で破るなど、圧倒的な攻撃力を武器とする強豪イランを迎えた日本。

オリンピックを目指す若き選手達にとって、厳しい戦いが予想された。実際、攻め込んだのはイラン。フィジカルを生かした激しいプレスと、コンパクトな陣形を作ってのパスワーク、そして日本対策としてのロングボールに守備陣は手を焼いた。

それでも久保を中心にカウンターを仕掛け、何度となく訪れたピンチを守護神櫛引が防ぎ続けた日本代表は、相手を足場の悪い泥仕合に引きずり込む。カタール戦でも飛ばし過ぎで精度を落としたように、まだまだペースを調整出来ない経験の少ないイランは攻守両面で徐々にパフォーマンスを落とし、延長を見据えて策を練っていた指揮官手倉森誠が満を持して前線を交代。

シンデレラボーイになる可能性がありそうな豊川のゴールを皮切りに、中島がGKをあざ笑うように中距離からのシュートを連続で突き刺して試合を決めた。

大学生サイドバック室屋は正確なセンタリングで存在感を発揮し、原川はポジショニングを細かく調整しつつ試合を動かす頭脳となる。破壊力のあるミドルとボールを保持する細かいタッチのドリブルを得意とする中島、正確なボールタッチと視野を生かしたポストプレーで絶対的なエースとして君臨する久保、ボールの無いところでの動き出しで勝負出来る豊川、長い手足でシュートコースを塞いでくる櫛引。

それぞれの選手達が個性を発揮し、U-23代表は徐々にチームとしての個性を発揮し始めた。

今回は、日本U-23代表がイラン戦で見せた守備の問題点を指摘しつつ、ゾーンディフェンスの重要性を考えていきたい。

「勝って兜の緒を締めよ」ではないが、勝利の中には幾つかの疑問点も隠れていた。個人がそれぞれ良いプレーを見せる一方、組織的なプレーには疑問も残っていたのである。

準備期間の問題もあるのかもしれないが、ゾーンディフェンスは基本中の基本だ。チーム内で声を掛け合って修正すべき部分が、そのままにされているのは不安要素と言っていい。

欧州の育成年代が見せる「ゾーンディフェンスの基礎」

これは、バルセロナU-16対マンチェスター・シティU-16の試合で現れた一幕だ。

シティの守る左サイドを中心にバルセロナがボールを循環。攻撃を仕掛ける中で、シティのボランチを上手くアンカーの位置に呼び込む。パスワークで横関係のボランチを縦関係に分断し、前線の2人もカバーに入れていない状態。

しかし、バルセロナが狙った逆サイドへのパスはカットされることになる。シティU-16がしっかりとゾーンディフェンスを組んでいたからだ。中央のボランチが左サイドに寄ったことに連動し、RHが低い位置へ。ボランチのスペースをカバーすることでボールを奪い、このままカウンターを仕掛けることに成功する。

今回は、日本U-23代表がイラン戦で見せた守備の問題点を指摘しつつ、ゾーンディフェンスの重要性を考えていきたい。

この様なゾーンディフェンスの基本は、UEFAにおけるBライセンスの練習メニューなどで見ることが出来る。

これは8対8で行われる練習だが、ゾーンディフェンスの基本となるコンパクトな状態を保ちつつ、バランスを取るように動くことの重要性が強調されている。

逆サイドの中盤は内側に戻り、右サイドの選手はワンツーや縦パスを警戒して下がる。中央の選手はボールホルダーにプレッシャーを与えることで数的有利を作る。どこかで数的有利を作るということは、彼らが本来守るべきポジションが手薄になることを意味する。

だからこそ、周りの選手は常に全体像を把握しつつ、手薄なポジションのカバーに入る位置を取らなければならない。ゾーンディフェンスを機能させるには、チーム全体が同じ絵を共有する必要がある。

では、ケーススタディとしてU-23日本代表のイラン戦で問題となった守備を見てみよう。

遠藤が縦に無闇に仕掛けてしまい、ボールを失う場面なのだが、中盤がボールロスト時のイメージを全く持っていない。原川のポジションがサイドに寄っているだけでなく、両サイドハーフもパスコースを作るというより縦に急いでしまっている。

これはゾーンディフェンスの問題ではないが、全体の意志共有における問題だ。前に仕掛けた遠藤だけでなく、サポートに入りきれない周りの問題もある。パスコースを作っておけば、彼がこの選択をしなかった可能性もある。DFラインも、FWとの距離を詰められていない。

ゾーンディフェンスにおいて、最も致命的な問題となったのはこの場面だ。相手DFラインが余裕を持ってボールを保持。ボール保持者へのプレッシャーはないが、イランが速攻を仕掛けられる状況ではない。

この後、左サイドのDFにボールが渡って行く。

左サイドで少しボールが回った後、浮き球がFWに入る。マーカーがいない状態で、CBは彼との競り合いを無視。高さで劣る遠藤が競り合う状態になり、そのまま落とされて中央に起点を作られる。

一気にカウンターを受けた訳でもなく、DFラインにプレスを仕掛けていたという感じでもなかったのに、左MFの中島は戻りきれておらず、広大なスペースが中盤に空いてしまっている。ボールが左サイドから入ったこと、イランが攻撃を仕掛けていたことを考慮すれば、内側に絞れる準備をしておくべきだった。

中島が必死に下がるも、今度は右サイドハーフの矢島が戻りきれておらず、ボランチのスライドが遅れている。中島は守備スペースに戻るのではなく、ボール奪取に向かっており、状況を考えていると間違った選択だ。

「遅らせろ」、と一言左サイドバックの声かけがあれば違ったのではないか、とも思う。厳密に言えば、CB2人もスライドしきれていない。

中島が抜かれ、カバーが不十分な状態でイランの選手がドリブル。瞬間的に2対1の状況が生まれており、矢島はまだ戻って来ることが出来ていない。

全体が未だに右に寄り過ぎていることから、左サイドバックの亀川も中途半端な位置を取らざるを得ない状況になっている。

相手が左サイドから攻撃している状況にも関わらず、左CBと左SBの距離感が明らかに遠いことが解るだろう。

全体のスライド不足、そして中島がボールに行ってしまったことによって、亀川はボール保持者にプレッシャーをかけきれない。取り逃がしている中盤が、自分の背後に走り込むパターンを無視出来ないからだ。

このままファーへのクロスが上がり、シュートは結局クロスバーに当たる。ノープレッシャーでクロスを上げられてしまい、更に相手と味方が中央では数的同数になってしまっている。未だに矢島は守備に参加しておらず、原川もDFラインのカバーが出来ていない。

最後に

カウンターを仕掛けつつ、耐えてエネルギーがある選手を投入して勝負するというゲームプラン自体は間違っていた訳ではないだろう。

実際イランは攻め疲れ、延長戦では中島が美しいゴールを2発撃ち込んだ。交代要員の豊川も完璧な仕事をこなし、マークが中途半端になってしまったイランの守備陣を打ち破った。しかし、問題はゾーンディフェンスがU-23という年代でも完璧に出来ていないということだ。

戦術の浸透は育成年代でも積極的に行われるようになっており、U-13の試合でもトップレベルのチームは組織的に試合を進める。結果を出すために、守りに拘ることに間違いはない。

しかし、本当に守りきれるチームを作るためには、緻密な調整が必要になる。個の力で抑え込んで誤魔化し、相手の雑さに救われる。このままでは、トップレベルでの試合で守り切るのは難しい。

個々の選手達が輝きを見せ始め、試合の中で成長し始めている今、組織の調整こそが大きな鍵になる。そして、それこそが日本の育成年代に欠けてしまっている部分なのではないだろうか。

勝てばオリンピック出場が決まるイラクとの準決勝は、本日22時30分(日本時間)にキックオフされる。