画像

写真拡大

 ビルコムは、オウンドメディア熟読率計測ツール「Content Analyzer」の販売を開始した。同ツールにより、「何人が来たか」ではなく「何人が読んだか」を意識したオウンドメディア運営が可能となる。

 ビルコムは、オウンドメディア熟読率計測ツール「Content Analyzer」の販売を開始した。同ツールでは、来訪した人数を示すPV(ページビュー)やUU(ユニークユーザー)だけでなく、注目時間とスクロール動作でどれだけ熟読されたのかを表す熟読率を計測することができる。

 これまで、オウンドメディアの効果測定はPVやUUといった、来訪人数を中心とした量的な指標しか取得できなかった。しかし、量的な指標だけでは、記事型コンテンツが実際に読まれているのか、どれだけ深く読まれているのかがわからないため、今回のツール提供を行うに至った。これにより、「何人が来たか」ではなく「何人が読んだか」を意識したオウンドメディア運営ができるようになる。

MarkeZine編集部[著]