熱々のご飯のうえに生卵をかけて食べる「卵かけごはん」は、日本人ならば誰もが一度は食べたことがあるだろう。だが、生卵は世界中どこででも食されているわけではない。その生卵をめぐり、中国メディアの今日頭条は、日本を訪れた中国人が驚愕した出来事を紹介している。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 熱々のご飯のうえに生卵をかけて食べる「卵かけごはん」は、日本人ならば誰もが一度は食べたことがあるだろう。だが、生卵は世界中どこででも食されているわけではない。その生卵をめぐり、中国メディアの今日頭条は、日本を訪れた中国人が驚愕した出来事を紹介している。

 記事は仕事の関係で訪日したという中国人の手記として、同中国人が訪日前、日本に対して「排斥」の気持ちと同時に「憧れ」の気持ちも持ち合わせていたことを紹介。日本に到着してすぐ、日本の「秩序ある社会」に強烈な驚きを感じたという中国人は、その後も驚きの連続だったという。

 日本人の給与所得は中国よりも多いにもかかわらず、日本の物価は中国よりわずかに高い程度だったと紹介。さらに、同中国人が買い物のために家電量販店を訪れた際、外国人であるため購入した製品は免税となることを店舗スタッフが非常に親切に対応してくれたことに大きな衝撃を受けたのだという。確かに中国であれば、客が購入した商品でも雑に扱うようなスタッフが多く、相手の立場になって対応してくれるような人は少数派だ。日本のサービスに驚くのも当然だろう。

 また記事は、中国人が日本滞在中に最大の衝撃を受けたのは「生卵」に関する出来事だったという。日本のホテルや旅館では朝食に生卵が供されることが多いが、中国では生卵を食べる習慣がほとんどないため、同中国人も宿泊先の朝食では生卵を食べずに残したという。

 しかし、宿泊2日目の朝食では生卵がなぜか「熱く」なっており、周りを見てみても熱々の卵が供されていたのは同中国人のみ。宿泊先のスタッフは、中国人が生卵を食べずに残していたことを見て生卵にわざわざ火を通してくれたのだという。記事は、顧客1人1人に対して気を配っていなければ決して出来ない宿泊先のスタッフの対応に対し、中国人の見解として、「小さな出来事かも知れないが、日本滞在中にもっとも大きな衝撃を受けた出来事だった」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)