前日練習を軽めのメニューで済ませた遠藤は、ベンチスタートもあり得る。2トップは股関節炎が癒えた鈴木と久保が起用される見込みだ。

写真拡大 (全3枚)

「明日はすべてを懸けます。決勝進出とリオへの切符を掴みたい。重要な準決勝になってくるので、力の出し惜しみをしない覚悟です」
 
 勝てばリオ五輪出が決まる準決勝・イラク戦を前に手倉森監督は意気込みを熱く語った。出し惜しみなく――、まさに総力戦で戦う覚悟だ。
 
 決戦を前にした練習を見る限り、懸念材料は少なくない。前日に足の付け根に違和感を覚え、別メニュー調整となった遠藤は、冒頭のランニングとボールを使った簡単なトレーニングには参加したものの、その後は全体から離れ軽いジョグやストレッチへと移った。また、腰に違和感があるという豊川は、前日に続き全体練習に合流せず。
 
 発熱のため、ホテル待機となっていた井手口、前日練習を別メニューで終えた亀川は復帰したが、やや不安の残る状況となった。
 
「昨日より良くなっているので、明日次第ですね。行ける準備はしています。今日は悪化しないことが第一なので、そんなにやらなかったです」と、遠藤は自身の状態を語ったが、前日練習で全体のメニューをこなせていないとなると、やはりベンチスタートが妥当か。その際にはボランチは大島と原川のコンビが考えられる。
 
 またイラン戦で出場時間のやや少なかった豊川をフルで起用できないとなれば、2列目はイラン戦に出場しなかった南野が右に入り、左は120分を戦い抜いた中島か85分まで出場した矢島が2試合連続で先発することになるだろう。いずれにしても、中盤はここまでの激闘による損傷が最も大きく、コンディションの回復が懸念されるエリアだ。
 
 一方で前線は、股関節回りの炎症で前々日まで大事を取っていた鈴木は「もう大丈夫です」と元気な姿を見せた。そのため2トップは久保と鈴木の組み合わせでスタートし、“スーパーサブ”浅野を後半途中で投入する、勝利の方程式がこの試合でも見られそうだ。
 
 
 イラクで要注意プレーヤーとして名が挙がるのが、UAEとの準々決勝で途中出場から2ゴールの起点となった長身FWのA・フセインだ。
 
 ただし、CBの岩波は北朝鮮戦などロングボールを主体としたチームとここまで戦ってきたため、「高さにはある程度対応ができる」とし、逆に小回りが利く選手の方が厄介だと話す。
 
 両サイドハーフを務める10番のホスニとA代表にも名を連ね“イラクのメッシ”と評される11番のフマムのふたりが、タイミング良く前線の長身FWに絡んでくる展開には注意が必要だ。
 
 また、岩波とコンビを組むCBの植田は、イラクのロングボールに対して、次のように対策を語る。
「相手は結構蹴ってくると思うので、そこはコンパクトにしないとセカンドボールを拾えない。僕たちディフェンスラインが勇気を持って上げていきたい。ただ、それは(これまでの)試合でできている部分なので、明日もしっかりとやれれば大丈夫だと思います」
 
 グループリーグ初戦の北朝鮮戦では相手のロングボールに対して、ズルズルとラインが下がり、押し込まれる展開が増えてしまったが、反省を活かしてイラク戦に臨みたいところだ。
 
 手倉森監督は試合展開については、「慎重になれば120分を戦う覚悟をしなければいけないが、思い切り積極的に出られれば90分のうちに点を取って勝てるとも感じています。ここまではいろいろなことに耐えながら、ドキドキハラハラの痺れる試合を提供してきましたが、準決勝、決勝をすっきり勝てば、オリンピックに出て不思議じゃないチームだとみんなに認めてもらえると思います」と語る。
 
 果たして手倉森ジャパンはここまでの勢いを活かして、リオ五輪の出場権を勝ち取れるのか。3位決定戦にもつれれば厄介極まりない相手となるだけに(開催国のカタールもしくは韓国と対戦)、ただ前だけを見つめて準決勝に臨みたい。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)