25日、韓国・現代自動車が昨年のインド市場で過去最高の売り上げ記録を達成した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は現代自動車本社。

写真拡大

2016年1月25日、韓国・KBSによると、韓国・現代自動車が昨年のインド市場で過去最高の販売記録を達成した。

インド自動車工業会(SIAM)によると、現代自動車は昨年、インド市場で前年より15.7%多い47万6001台を販売し、過去最高の販売記録を更新した。これは、同社が同期間に欧州市場で販売した台数(47万130台)より多い。同社のインドでの販売実績は、2006年には18万6174台と、欧州販売台数(27万8631台)の3分の2の水準だった。

業界では、インド自動車市場の持続的な成長の中で現代自動車の現地化戦略が功を奏し、このような結果が出たとみられている。また、現代自動車産業研究所は「今年のインドの自動車市場規模は昨年より6.3%増の292万台に達する」と予想している。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「90年代にはサムスンやLGが東芝やソニーとの対決に勝つなんて誰も想像していなかった。現代がトヨタを越える日も近いうちにやって来るはず」

「いいニュースだ。現代自動車の開拓精神で世界市場の占有率15%以上を達成してほしい」

「自国民には質の悪い車を高く売るのに…」

「収益のほとんどは内需で得ているという笑えないニュースを見たことがあるが、それは事実か?」

「外国でたくさん稼いでくれ。ベンツやBMを越えてほしい。韓国国民の1人として応援する」

「現代自動車は韓国内の顧客を大切にしないし、職員の教育もなっていない。インド人たちもすぐに気付き、購入したことを後悔するだろう」(翻訳・編集/堂本)