外国人の目線で日本の文化や習慣を見て初めて、自分たちの文化の特異性に気付くことがある。日本では当たり前のことも、中国人の目線で見てみると「究極の水準」に映ることもあるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 外国人の目線で日本の文化や習慣を見て初めて、自分たちの文化の特異性に気付くことがある。日本では当たり前のことも、中国人の目線で見てみると「究極の水準」に映ることもあるようだ。

 中国メディアの房天下はこのほど、「日本への移住は安心なのだろうか」と疑問を投げかける一方で、食品の安全問題や環境汚染など中国で大きな問題になっていることはすべて、日本ならば心配ないと論じた。

 記事はまず「周知のとおり、日本は完璧さを追及する国家であり、例えば製品の品質、生活の質、大気の汚染度、衛生環境なども追求の対象だ」と紹介。さらに、企業の誠実度も人を感動させるほど高いとしたうえで、「日本人の誠実さはどの様に培われたのか?」と、日本の状況を絶賛した。日本でも非誠実的な問題が起きないわけではないが、それでも日本社会の誠実さは中国に比べれば天と地の差ということなのかも知れない。

 では、中国人はどのような分野で日本の誠実さを感じるのだろうか。例えば、「日本であればレストランでの食事が不衛生であることを心配する必要はない」と指摘。確かに、日本で外食時に不衛生な食品や食器を心配する人はまずいないだろう。しかし中国では、レストランなどで下水油を使った料理が提供されていた問題も発生している。

 さらに、「日本人の民度は究極レベル」であると主張。無人販売やセルフ式ガソリンスタンド、自動販売機などは中国人には驚きのシステムであるようだ。日本人が互いを信頼しているからこそ成り立つ商売であり、日本を象徴するシステムでもある。

 日本でも時には偽装や賄賂などの不正が報道されるが、基本的に日本人や日本社会の誠実さは海外から高く評価されており、中国から見ればまさに驚きの水準なのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)