(左)グランホワイト(右)グランレッド

写真拡大

東芝ライフスタイルは、スマートロボットクリーナーの新製品「TORNEO ROBO(トルネオ ロボ)VC-RVS2」を2016年2月上旬から発売する。

「VC-RVS2」は、新開発の充電台(「ダストステーション」)を採用。フィルターレスのサイクロン式クリーナーで使用できる。「ダストステーション」はスマートロボットクリーナーが集めたゴミを自動で吸引し、微細なゴミまで99%以上遠心分離する。

「ダストステーション」のゴミ捨ての頻度は、月に1回程度。清掃だけでなくゴミ捨て、メンテナンスなどの掃除まで任せることができる。

さらに、側面部の「ダストポケット」からは、フロアワイパー、ハンディモップなどで集めたゴミも吸引できるようになっている。

スマートロボットクリーナー本体には、新設計の吸引ファンモーターを搭載。吸引ファンモーターの回転数は従来機種を上回り、風量が約1.5倍に。大きめの紙ゴミなどもしっかり吸引できる。

色は、グランホワイトとグランレッドの2種類。価格はオープン。通販サイトでは12万7000円台が見込まれている。